手汗が止まらなくなる原因は自律神経の乱れにあり

ストレスや緊張で手汗が止まらなくなるのは、緊張状態になると体温が上昇して、汗が出やすくなることが考えられます。

人間は恒温動物であるため、体温が上昇するのを汗を出すことによって冷まし、いつも体温を一定に保とうとします。その影響で、手汗が止まらなくなることがあるわけです。

また、自律神経のバランスが乱れている場合も、手汗が止まりにくくなります。

自律神経と発汗について

自律神経には2種類あり「交感神経」と「副交感神経」があります。
発汗や体温調節、呼吸や生殖、代謝機能を管理しており、人間の意思とは関係なく自動的に働いています。

「交感神経」が活発になると精神的に緊張や興奮している状態ですので、心拍が上昇、血圧や体温も上昇します。
呼吸も速くなり、発汗も盛んになり手汗がたくさんでます。分かりやすく言いますと運動した時などは交感神経が優位になります。

一方、「副交感神経」が活発になると身体はリラックスした状態となり、心拍数や血圧が落ちつき、発汗もおさまります。つまり手汗も治まるわけです。

運動した後は疲れているのでその疲れをとろうとすると眠くなります。その時には「副交感神経」が優位になります。

しかし、ストレスや緊張が多いと、自律神経のバランスが乱れる原因になります。緊張状態が長続きしてしまい、交感神経が活発化するわけです。

「副交感神経」があまり機能しないので、自律神経のバランスが乱れてしまうと、手汗のコントロールも上手くいかなくなるんですね。

自律神経を乱す行為は、

  • ストレスや緊張が長く続いたり
  • 睡眠不足だったり
  • 不規則な生活リズム
  • 急激な体温の変化

などが考えられます。

ですから、手に汗をかいて困ってしまいどうしようと思えば思うほど、それがストレスになり、ますます手汗が出てきてしまうのです。

手汗を防ぐためには気にしないことが一番いいですが、少し気分転換に身体を動かしてみてリラックスした状態を作ることをおすすめします。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています